たぬきとくまの台所

平成生まれのアラサーのたぬきとくまの夫婦の台所

風雲ぬかづけ録4:水気との戦い

 不定期連載(?)風雲ぬかづけ録。その4回目は、ぬか床をこしらえ始めた人ならたぶん誰もが直面しているであろう「水分」に関するトピックです。

 

 当家のぬか床担当管であるたぬき、ぬか床をかき回すたびに「ぬか床がみずっぽい」という問題に直面する。職場のぬか床仲間を話しても、みんなそこそこ「ぬか床からどうやって水っけを抜くか」という問題には直面しているらしい。

 

 そも、ぬか床というやつは乳酸菌のパワーを借りてはいるものの、要するに塩漬けを何度も何度も行う閉鎖空間であって、そりゃ野菜の水っけでビッショビショになるのは道理だ。そしてビッショビショになったぬか床というのは、どうやら乳酸菌によるかもしに悪い影響があるらしい。そんなわけでぬか床を拵えている人たちというのは、必然的に「どうやってぬか床の水分量を適切に保つか」というポイントを試行錯誤するのだという。

 

 たぬきがざっくりと調べてみたところ、ぬか床の水分量調整に関しては

・ガーゼとかタオルとかで吸い取ってしまう、という派閥

・スプーンとかで都度水気をすくって捨てる派閥

・水抜きはしないで、ぬかを足して硬さを上げる派閥

 等があるらしい。

 

 それらを踏まえて、たぬきは考えた。

 単純に水分を邪魔者扱いして、捨てたり、あるいはぬかをガシガシ足したりすることは容易にできるんだろうけれども、もうちょっとこの「水分」というやつを有効につかって、ぬか床の完成度をあげていくことはできないのだろうか?

 

ーーというわけで、調べてみたところまぁやっぱりみんな同じ問題に直面しているだけあって、いろいろな解決策が出てくるわけですね。代表的なものは「乾物をいれて、水分を吸わせてしまおう」という解決策だ。

 代表的なのは、干し椎茸、板昆布、切り干し大根である。当家で試したところ、それぞれ違った特性を発揮していい具合になったので、その結果を紹介しておきたい。

 

◎干し椎茸

 


 

 どんことかのでっかい丸いやつはけっこうお値段がするんだけれども、そんないいやつは正直勿体ないので、訳アリ品というか、不揃いなやつを刻んで干したやっすいやつで十分役割を果たせると思われる。

 旨味成分グアニル酸の効果もあるだろうし、また水分の抜けを助長して発酵を促進することも手伝うのだろう。なんとなくぬか漬けの味がまーるくなる気がする。

 当家では、なかば肥料としてぬか床にすき込み、回収できたら食べるけれどもそんなに神経質に拾って食べはしていない。細切れだからキリないし。

 

 

◎昆布


 

 板昆布干したやつね。適当なグレードのやつでいいと思います。当然良い昆布であればあるほどぬか床のクオリティが上がることは言うまでもない。

 こいつはグルタミン酸要員で、同時に多少の水を吸う担当。直接食べるわけではないので、うちではぬか床の一番底で、味の土台になってもらっています。

 

◎切り干し大根


 

 むっちゃ水吸う。でもむっちゃバラバラになる。

 ガーゼか何かでひとまとめにして漬けると一家離散の悲劇が避けられる。

 切り干し大根のぬか漬けとして食べてもよし、柑橘系の汁で和えてもよし、ごま油とにんにく足してナムル風にしてもよし。切り干し大根は間違いなく水が吸えて即座に一品になるのでとてもおすすめ。

 

 その他、世間には並み居る乾物があって、ひょっとしたらぬか床とさらなるベストマッチをするやつもいるのかもしれないが、当家での実践レポとしては以上です。

 

「こんなやつが具合よかったぞ!」っていうレポート等あれば教えて下さい。

 

 

 

 

 

 

海苔の実力

 海苔というものについて、特別ポジティブなイメージを持ったことがなかった。

「ウチは海苔を愛してやまないぞ!」という方が居たら申し訳ないが、長らくくまは海苔という食品について、海苔巻のときにつかう飯の土台というか、ラーメンの薬味というか、そういう特に味がどうこうといった価値観を組み合わせないで生きてきた。

 兎に角海苔は海苔の顔してそこにいることが重要なのであって、うまいまずいというのは、ほんとうにお高い一握りの海苔にのみ発生する、ウチには関係のないマターだと思っていたのである。

 

 ところがどっこい。

 うまい海苔は案外身近に転がっていて、案外普通に「のりがうまい」という体験が出来たので、この度はソレを報告したいと思います。

 

 良い海苔は、高い。

 それはもうお約束だ。特に板海苔。山本山とかが有名ブランドでしょうか。あと地方によっては浜乙女とかかしら。

 いまググったところによると、良いのは一箱8000円くらいする。そんなもんを日常的にはとても買えはしない。

 

 しかし、あれだ。

「味が良いもの」がすべからく高いわけではない。その代表例として、道の駅とか物産展で買うような品物は、そんなにお高いわけじゃないけれども、ちゃんと美味しいじゃないですか。

 然るべき機関による選択とブランディングを経ないで、産直みたいな仕組みで食卓に届いてくるタイプのやつは、お宝めいた、クオリティの割にお安い商品がごろごろしていたりするーーと思う。

https://yunohana-shop.ocnk.net/product/7

 そんな次第でこの度購入したのは、南伊豆漁協謹製「磯の恵み」。岩のりをひっぺがして焼いて乾かして詰め合わせたやつだ。どこそこ株式会社ってんではなくて生産者が「漁協」ってあたり、なんか信頼できる感じがしてくるでしょう。

 明示しておくが、この商品は板海苔ではない。なので香りと食味と歯切れの両立、みたいな、良い板海苔に求められる諸要素は、当然ながら満たされることがない。ただその分、味と香りに仕様をガン振りしているので、たとえばお蕎麦の薬味にするとか、お味噌汁の具に浮かべるとか、そういった使い方をするぶんには好適である。

 

 恥ずかしながら、「海苔の味」というものがあることをくまはこの商品で初めて知った。海苔というのは「風味だけ」の食べものだと思っていたのだ。

 ほらだって、ポテチとかの「海苔塩味」って要するに海苔臭い塩味だし、海苔の佃煮だって海苔臭い佃煮味じゃないですか。「海苔の味です!」っていう自己主張でもって舌に触れるモノじゃなかったんですくま的に。なので、海苔というのは風味原料だと、この商品を食べるまでは思っていたわけですよ。

 

 そうしたらこの商品。良い風味・香味がするというのではなくて、ちゃんと「海苔の味」に舌が晒されるんですよね。初めての経験だった。

 出会いは近所のスーパーでやってた催事である。興味本位で買ってみて、そしたらあんまり風味豊かで、そして「食材として」美味しくて、以降数日おきにスーパーへ出向くたびに、家に在庫があるのに一つずつ買い足して、以降当家からこの海苔がなくなったことはありません。ーーなどと書いてしばらくしたら無事にスーパーからこのグッド海苔の在庫はすべてはけてしまい、当家は無事海苔難民になった。

 蕎麦に素麺に、また味噌汁に、そのままおつまみにと八面六臂の大活躍をしている。もっと早く知れたら良かった。

 

 しかし具体的な食レポがないあたりで察していただけたと思うけれど、「海苔味」というものを人に説明するのは難しい。うっすら塩辛くて滋味があって、という感じなのだけれど、そもほらコレ読んでいただいている中で「海苔の味」ってイメージできていないでしょ。

 「ないもの」をゼロから記述するのは、「既知のもの」のイメージを想起させるより難しいんですってほんとに。

 

 今回のご紹介した海苔は、販路がほんとうに無い。通販できなくはないが、かなり手を出すのに勇気がいるお値段になってしまう。

 そこで今回のエントリのシメとしては、今回紹介した上掲の「磯の恵み」じゃなくてもいいから、ちょっと海苔にお金かけてみて欲しい、気にかけて欲しい、という方向で終わりにしたいと思う。

 和食や麺類、日本酒やビールの相手をするのに持ち駒が増え、いっそう豊かな心持ちになりますのでとてもおすすめです。

ワカモりワカモればワカモるとき

 ワカモレ。ガガモレとかグゥァカモーレとか言うこともあるらしい。めんどくさいので以下ワカモレで統一する。

 

 要するにアボカドディップである。メキシコ風の。テクス・メクス(テキサス・メキシコ)料理のなかでは、わりあい人口に膾炙しているタイプのやつだ。

 カルディおよびエスビー食品のちからをかりると、これが割合簡単で美味しいので、ぜひこの機会にご紹介したいと思う。

 

 世の中には、ワカモレミックスという商品がある。すりつぶしたアボカドに混ぜると、メヒコな風味のワカモレになるやつだ。当家は、コレをたぬきの友人から教えてもらった。

 ソレ以前、当家にアボカドを食べる文化は存在しなかった。アボカドにわさび醤油をかけるとトロみたいでうまいよ、みたいな、珍味枠としてのアボカド概念しか存在しなかったわけである。

 しかしワカモレ概念が導入されるや、当家では、アボカドはワカモレにして、トルティーヤチップスにつけて食うもの、という立場にて盤石の地位を築くに至った。今となっては、アボカドが安くなるときには必ず買ってきて、ワカモレをこしらえ、トルティーヤチップスを添えて、ワインのお供にしている。

 

 ここで大切なのは、ワカモレってーのは結局何味なのか、というところだ。

 基本的には塩とライムだ。そこになんだかんだとスパイスが入っていろんな風味がつくらしい。とりあえずは自家製するならライムさえあればいいらしい。というのは何かで読んだことがある気がする。

 ただ、ワカモレミックスに慣らされた身からすると、どうも塩+ライムだけでは味気ない。やっぱりワカモレシーズニングを買ってきてなんとかするほうがいい。ワカモレワカモレ味であって、酸っぱい塩味ではないような気がしてならないのである。

 

 で、市販されているワカモレミックスには当然当たり外れがある。

 昔カルディで手に入ったのは、ローリーというブランドのやつ。これは文句なくうまかった。しかしもう手に入らないので考えないものとする。

 あと、輸入食品店なんかで手に入るらしいのは、オールドエルパソというブランドのやつ。これはまぁぼちぼちうまい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オールドエルパソ グワカモーレシーズニング 20g
価格:204円(税込、送料別) (2020/9/23時点)


 

 

 そして、今カルディで手に入るのがプロデュースパートナーっていうブランドのやつ。正直に申し上げてそんなにおいしくない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロデュース パートナー ワカモレミックス 28g
価格:270円(税込、送料別) (2020/9/21時点)


 

 あと、気の利いたスーパーなら、エスビーのちいちゃな袋のスパイスシリーズで「ワカモレ」っていう袋がある。こっちはオールドエルパソくらいおいしい。 

 


 

 また、カルディには瓶のワカモレペーストが売っているが、なんか乳製品めいた風味がして当家ではイマイチ評判が悪かった。まぁ一度試してみようと買うのは否定しない。そのへんは自己責任で。

 

 とりあえず、ワカモレを初めて食べるのであれば、エスビーかオールドエルパソをお勧めします。プロデュースパートナーの場合は、塩気とライムを補うと美味しい。

 

 ワカモレに追加する具材としては、水に晒した玉ねぎの微塵とか、細かくしたトマトの水切りしたやつ等がよい。ひょっとしたらニンニクも良いかも知れないが試したことはない。このあたりは、細かいレギュレーションがあるわけではないので自由にやってください。

 とりあえずメヒコな雰囲気のアボカドペーストができればそれでいいから。

 

 あと、ワカモレを食べるときに欠かしてはいけないのがトルティーヤだ。

 味のないドリトスのような「トルティーヤチップス」がカルディで売っている。当家のイチオシはこいつだ。ナチョチーズとかの土台として使うアレである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コーントルティーヤチップス プレーン味 250g おつまみ
価格:670円(税込、送料別) (2020/9/21時点)


 

 あるいは、小麦粉から作ったフラワートルティーヤ、またとうもろこし粉を焼いたコーントルティーヤとか、よりパンめいた方向に手を出しても良い。これらはレンチンしたり焼いたりして食べる。フラワートルティーヤは要するに薄焼き無発酵パンなので特別配慮は必要なく、ただたんに温めればいいのだが、コーントルティーヤは焼かないと全く美味しくないので注意が必要だ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

冷凍3.5インチホワイトコーントルティーヤ 24枚入
価格:679円(税込、送料別) (2020/9/21時点)


 

 まぁそんなこんなで、ワカモレという美味しいアボカド料理があって、トルティーヤにつけて食べると美味しいよっていう話。お近くのカルディや、スーパーのスパイスコーナーで買ってみてください。

 

 前の筋子回よりは圧倒的に安く上がるので、何かの折にお試しいただけたら幸いです。

おそうめんバリエ:冷や汁

 先日、某所より「もっとそうめんの話をかけ」というお声を頂戴したので、素麺の話もしていこう。もう9月になっちゃったけれども、でもまだ暑い日はあるわけだし。涼し気なものをサッとつくって、啜って、おしまいにしたい、そんな日だってまだあると信じる。

 

 そんなわけで今回ご紹介したい素麺のたれレシピは「冷や汁そうめん」だ。

f:id:tnkmda:20200905201335j:plain



 近頃ずいぶん流行ってきたので、冷や汁というものをご存知ないというかたはおそらくあんまりおられないのではないかと思う。宮崎名物、冷たくキンキンに冷やした、焼き魚、キュウリ、茗荷、豆腐等を具材にしたお味噌汁を温かいゴハンにぶっかけて食うあれだ。

 

 こいつ、丁寧にホンモノを作ろうとするとべらぼうに手間がかかる。ごまをはじめ種子類を煎って擦って、焼き魚焼いてほぐして擦って、そこへ味噌入れて冷水入れて、別途みじん切りとか塩もみとかしておいた野菜類を加えて温かいご飯にぶっかけるわけだ。これはねぇ、流石にお店屋さんの仕事だと思うんですね。

 そんなわけで、冷や汁っていうもの自体をめんどくさがって、美味しいのにも関わらず随分長いことやっていなかったのだけれど、皆さんご存知水産業大手ニッスイの公式ページで興味深いレシピが紹介されていた。

 

https://www.nissui.co.jp/recipe/00699.html

 

 サバ缶で冷や汁、である。確かに魚の焼けた匂いを汁に付加することはできないけれども、またごまをはじめとする種子類の香ばしい風味もあまりつかないけれども、限りなく冷や汁に近似するものを、たいへん手軽に作ることができるというじゃないですか。

 

 

 ヤバいですよねこれ、サバ缶開けて中身ほぐして水入れて味噌入れて野菜乗っけてゴマ振ったらもうおしまいですよ。

 

 で、当家ではここから豆腐を省き、あくまでサバ缶の冷たい味噌汁(濃いめ)としたうえで、おそうめんをざぶっと浸して啜り込んでやろうと、そう考えたわけなのです。やってみました。

 

 その結果がどうだったのか。

 結論から言って最の高。

「食べごたえのあるそうめん」っていいな、っていう感じでした。しかもそうめんを茹でる以外、火も使わないんだこれ。

 もっとパンチがほしい! っていうときには「食べるラー油」をひとたらしすると抜群にジャンクでパンチのある味になるので、なんかパワーが欲しいときにはこっちもおすすめだ。 

 

 だいたい普通のおそうめんというのは、軽い食べ物の代表格だとおもう。食欲なくてもスルスルいけていいよね、夏バテしがちな時期向けだよね、みたいな。

 ただこれは、そもそもそんなに食欲減退してないよ、という人にとっては、軽すぎて物足りない食べ物だと思うのだ。

 

 実際、ちょっとイメージしてみて欲しい。昨今どのご家庭にもクーラーがあるでしょう、室温が外気温と同じ35度とか、そういうことはないわけだ。夏バテの程度が、トラディショナルな「そうめん」の時代よりも低いと思うのだ。だってそのくらいの対処を取らないと昨今は人死にが出るもん

 そこでそうめんを茹でた、氷水で冷やした、さぁお食べ、って言われてもさ、「あのう、おかずはないんですか」ってなるじゃないですか。

 

 ただのめんつゆは単に調味料であって、これをおかずとして戦線を構築することは大変むずかしいけれども、魚入り野菜入りの冷や汁であれば、まだおかずとして戦えると思う。実際、完全に魚や野菜をペーストにして「調味液」として均質化することはご家庭レベルでは無理なのだ。どうしたって味や食感にはムラができる。

 ここがおかずポイントである。非均一さによる食感が楽しく、味も楽しく、香気も楽しい。

 

 一昔ほど前であれば、「ええ、味噌汁が冷たいんですかァ」という未知の文化に対するギャップが力強かったように思うけれども、しかし冷や汁が随分市民権を得てきた昨今ならば、そこまで「気分的になんかやだ」ということもないだろうと思う。

 

 備蓄の缶詰を入れ替えるついでに、サバ缶で冷や汁を作って、素麺をすする。これ、夏の名残を悼むのに最高だと思うんですけど、どうでしょうかね。

 

夏と秋のあわいに、絶品つまみ。

 もう夏も終わる。しかし夏が去ると同時に夏野菜が根こそぎ市場から消えていくわけではない。そして今は鮭のはしりである。いい感じに筋子が出回りだした頃合いだ。

 そんな今だからこそできる映え映えなグルメを先日見出したので、ぜひシェアしたいと思う。

 

f:id:tnkmda:20200829122447j:plain

 タイトルの通り、「山形のだし」に「醤油イクラ」を混ぜ込んだシロモノである。小鉢にしてよし、豆腐に絡めてよし、御飯のお供によし、そして当然お酒とだって戦える、汎用性最強クラスの一品だ。

 まぁそれなりに手間はかかるんだけれど、その分たいそう美味しいので、ぜひやってみてくださいね。

 

山形のだしをつくる。

 

 まず、ご存知でしょうか山形のだし

 地元では全然知らない文化で、大学に行くってんで上京して、スーパーにいって、その時初めて知った漬物(?)の文化だ。夏野菜を刻み、ちょっと塩とか醤油とかで味をつけて、あとお好みに応じて昆布でとろみをつけたりするあれですね。山形では単純に「だし」と呼称されているが、いわゆる「だし汁」との差別化のために「山形のだし」と呼称されているらしい。なお「山形のだし」は某社の登録商標だそうだ。

 

 閑話休題、こいつをぜひ自宅で作ってみていただきたい。

 この度「だし」を自作して理解したのだが、こいつは自作するほうが圧倒的に「かゆいところに手が届く」。野菜類を細かーーーく刻んで昆布のとろみでスルスル飲むようにたべられるレシピにするもよし、敢えて荒く刻み昆布も入れないでザクザク食べるお漬物感覚で仕上げるもよし。要するに刻んだ夏野菜のお漬物であって、とろみや味付け、具材というのは枝葉末節の副次的なマターであると理解した。

 

 代表的な具材としてはキュウリとナスだろうか。そろそろキュウリは高くなってくる時期なので、秋ナスを主体に、キュウリは少なめで、あとこれも終わりかけだけどミョウガちょっとと、紫蘇の実を多少入れたりしてもいいかもしれないね。オクラが入ってもいい。あと昆布を入れたり、めんつゆや塩で味をつけたりする。以下の具合である。

 

・夏野菜 向こう3日で食べ切れるくらい

・茗荷 あれば

・昆布 お好みで

・塩 塩もみ用。塩味が良ければ味付けにも。

・めんつゆ お好みで。

 

 なんかこれ上の表なくても全然困らない感じですね。とろみのある感じに仕上げたければ、がごめ昆布みたいなヌルヌルの強いやつがいいですよ。

 

(昆布刻むの、面倒だったので、我が家もこれが欲しい)

 

このあたりはもう本当好きにしてほしい。山形のだしらしきものが仕上がればいいのである。

 

 今回のエントリの料理は、本当夏と秋の間にあるツクツクボウシの残響というか、奇跡的な季節の重なりにわずかだけ楽しめる皆既日食めいた料理であるので、そのへんの「ソレ別に旬の盛りじゃないんだよなぁ」っていうご意見は飲み込んでください。

 

 

筋子をほぐして漬ける

 

 山形のだしができたら、つぎは筋子の支度だ。

 この時期、たぶん「お家で醤油漬けにするんですよ」みたいなノリで、醤油漬けのタレとセットになった筋子が売っていると思う。それなりにお値段は張るのだが、イクラの状態までバラされた醤油漬けの状態で買ってくると更にお高いので、ここはひとつ話の種にとおもって、お家イクラに挑戦してみませんか。

 

 

 

 詳しい工程は、よほど写真つきでわかりやすいサイトがなんぼでもあるので、そっちをググっていただきたい。とにかく肝心なのは「筋子をほぐしてイクラにするのは難しくないよ」ということである。

 めんどくさいというご指摘は全くそのとおりであるので、「ウチは醤油漬けを買って済ませるぜ!」という手が使えるならそうしてしまってください。

 

 とにかく卵巣からたまごを引き出し、よく研いでキレイにし、煮切った酒と味醂を主軸とする醤油ダレに浸すこと半日から一晩でお家イクラになる。なります。なりました。ここまででようやく、下ごしらえが終了だ。

 

◆まぜる。

 

 さて、ここまでにより、山形のだしイクラ醤油漬けが揃ったとする。

 あとは適量同士を清潔な匙で掬い、任意の容器で軽く混ぜてください。それだけです。矢でも鉄砲でももってこいな感じの最強おかず兼おつまみの爆誕です。

 

 山形のだし、という製品は別に一年中売っているし、イクラ醤油漬けだって年中売っている商品だ。それらを混ぜて食べるのだって、別段わるくないとは思う。

 とはいえ、今このタイミングなら、旬が終わろうとしている夏野菜で作った滋味ある「だし」と、旬が始まっていい具合の「いくら」の両方をいい感じで楽しむことができる。

 もし興味があれば、この機会を逃さずにチャレンジしてみていただきたい。

古参調味料:煎り酒

 煎り酒。知ってますか。

 

 それなりに料理をする方だったらご存知だろうと思う。日本酒一升と鰹節と梅干しで作る、江戸期の代表的な調味料だ。いまのように醤油が庶民みなに一般的に用いられるようになったのは割合最近の話であるようで、ソレ以前、醤油のような「塩っ辛い調味料」のポジションには煎り酒が居たのだという。

 

 あ、これ伝聞レベルの話をそのまま正直に書いていますから、人に話すときはちゃんと裏付けを取るんですよ。

 

 話が若干ずれたけど要するに、日本酒でかつおだしを取って、塩っけは梅干しで足して、それをうんと煮詰めたやつだ。なーんとなし、味や風味の方向性は想像がつくと思う。

 

 ただ「レシピを知ってて味の想像ができる」ことと「家で作る」ことは全く別問題である。大量の日本酒なんぞ飲むに決まっている(そこか)。そこに鰹節をわさわさ加えてーーったって最近はどこもだしの素に切り替わっていて、鰹節なんか薬味程度の小袋しか用意がないお家が大半だろう。梅干しだっておいてないお家が多いのではと思う。

 そして一升以上できる液体を半量以下まで煮詰める手間たるや、なにかと忙しいなかで制作される家庭料理とは全く相性が悪いと言わざるを得ない。

 

 当家としても、煎り酒に興味はあった。しかしそれを自作しようというのは、料理には興味津々な当家といえども、全く現実的な考えだとは思われなかった。

 しかし世の中というのは広いものだ。煎り酒、売ってました。

 

 カルディに売っているよ。通販でも手に入る。まぁ結構お値段はします。

 でもね、これがきっちり値段分うまいんだわ。

 

 当家としては、「お刺身の調味料にする」のが一番美味しいと思っている。というかもったいなくて煎り酒の存在感がたしかに出てくる料理にしか使えない。300mlで1000円以上するものを、気軽に煮物や炒めものにブチ込むことは怖くてできぬ。

 あ、でももう時期過ぎようとしているけど冷製パスタの味付けだとか、高い調味料であることに目をつぶって鶏肉とズッキーニの炒めものなんかにジャッと回しかけて味付けするとか、そういった用法でぜんぜんおいしいです。

 

 閑話休題、とにかくイチオシはお刺身ですお刺身。そこに煎り酒を垂らして食うのがめっぽううまい。

 ただし、合わせる魚には縛りがある。白身、光り物、貝類、エビに限る。要するに赤身以外ってことだ。赤身相手には、全く戦えないのだ。

 

 まぁ考えてみれば当然の話で、赤身の魚をありがたがって食べるようになったのは最近だ。マグロは長く下魚として扱われてきたし、そのトロなんて、猫すらまたいで通るってんでネコマタなんて言われていたと聞く。そういった味の強い魚を食べる文化、脂の強い魚を食べる文化は、煎り酒が醤油に取って代わられちゃってから生じたムーブメントであるように思う。

 全く根拠のない話であるけれど、むかーしむかしのマグロが下魚であった時代というのは、醤油が普及していなくて、煎り酒でマグロ食っても美味しくなかったから、あんまりいい扱いをうけなかったのかなーなんてことを思ったりもしている。それが醤油の普及によって、「あっこれ醤油で食うとうまいじゃん」的なことで価値が入れ替わったのかなって。

 まぁ、学術的な裏付けとか全然とってなくて気分で喋っていることなので、あんまり真には受けないでください。

 

 入手が面倒な調味料で恐縮だけれど、お近くにカルディがあれば、そこで入手が可能です。売り場には無いかも知れないけど取り寄せをかければなんとかなるよ。

 食生活を豊かにする「煎り酒」。ぜひ一度でいいからお試しいただきたい。高いけど、高いだけのことはあるから……!!

 

風雲ぬかづけ録3 知られざる「雪室ぬか」編

前のエントリはこちら。

「ぬか漬け」としてカテゴリも作ってあるので、よろしければ合わせてご覧あれ。

 

 

 さて、ぬか漬け概念が当家に導入され、イカス容器も仕入れ、しかしぬか床の培養には失敗してから約一年が経過した。

 そんな折、たぬきは天下御免のオサレスポット表参道に足を運んでいた。

 たぬきは持病の都合で、表参道の某病院に定期的に通っているのである。

 

 予約制でもないので、待ち時間だのなんだので数時間を、表参道というオサレの街で潰さなくてはならない。毎年一度の通院の日、たぬきは表参道をはいk…散策したり、カフェでまったり過ごしたりする、らしいぞ(文章を書いているのはくまですので実際はわかりかねます)。

 

 しかしカフェだの散策だので何時間も潰すことはできない。そんな折たぬきは、表参道の新潟物産館、ネスパスへ赴く。夕飯のおかずを増やしたり、物産(酒やツマミ)を見たりする。

 

www.nico.or.jp

 

「病院にかかった」ついでに物産店へ行って酒とツマミを買ってくるたぬき。言うまでもなくたいへんな飲兵衛である。

 閑話休題、あるときたぬきはいつもの通院でいつものようにネスパスへ趣き、そして運命の出会いを果たした。我が家のぬか復活のきっかけ、希望の嚆矢「雪室 ぬか」であった。

 

ecodepa.jp

 

 定価は1600円。しかしこの時はたまたま売れ残り、半額の800円まで落ちていた。

 既にいい具合に醸され、漬けるだけの状態のぬか床。こいつなら、いい具合のぬか床菌を培養して増やし、お家ぬか床を復活させることができるのでは!?

「捨て漬けをしてぬか床をこしらえる」という初心者がつまずきがちな部分を市販のうまいぬか床、しかも信頼できる米どころのぬか床で置き換えてしまえば、当家でも美味しいぬか床をつくれるのでは!?

(実際、この頃無印良品からぬか床が発売されて大いにバズり、当家でも興味があったのだが、品薄で手に入れる事ができなかった)

 

 たぬきはそういきり立ち、一も二もなく「雪室 ぬか」をひっつかんでレジへ駆けた。当家のぬか漬け、新シーズン開始の号砲が鳴った瞬間であった。

 

 くまはぬか床の再開には大変懐疑的であったが(なんせスッポリとぬか床のことを忘れて1年過ごしたたぬきと違い、くまは1年「この失敗ぬか床どうすんだ」と思いながら1年過ごしているので)、たぬきはめげずに、例の野田琺瑯のタッパーに「雪室 ぬか」を撒いて、カブをうずめた。

 

 そして翌日、浸かったカブはお店屋さんのような素敵クオリティに仕上がっていた。

 やっぱ、シロートがゼロからぬか漬けスタートとかやるもんじゃないですわ、というのと、お高い、美味しいぬか床はやっぱりすげーわ、というのと(調味料としてそのまま食えそうな美味しいぬか床だった)で、当家ふたりは大いにテンションを上げた。

 ぬか床の正解って、これか。

 そう理解した当家は、この「雪室 ぬか」を種菌として、去年の残りのいりぬかを足して継ぎ足していくことに決めたのだったーーといったところで、今回はこれまで。

 

 ぬか漬けに関するあれやこれやはまだまだ続く。

 現在に至るもぬか床は継ぎ足しされており、水っけが多かったり少なかったりいろいろあるけど元気に美味しく浸かっておりますよ。